初春に、新しい一年の無病息災を願って。SL Creationsのおせちです。二〇二二年盛付け済おせち予約開始 

初春に、新しい一年の無病息災を願って。SL Creationsのおせちです。

正月の料理として古くから日本に伝わる「おせち」。本来のおせちは広い意味で使われ、興味深い歴史を歩んできたことをご存知でしょうか。今回は、おせちの由来と意味にスポットを当て、おせちの詰め方や使われる食材・料理について詳しくご紹介します。家族の健康と子孫の繁栄、豊作などの祈願のほか、新年に縁起を担ぐ内容など、「日本のこころ」として受け継がれるおせちの文化をお楽しみください。

本来の「おせち」とは

季節の節目(ふしめ)に当たる「節(せち)」の日を指す言葉で、漢字では「御節」と書きます。かつて平安時代の朝廷は、正月を含む5つの節に「五節会(ごせちえ)」の儀式を行い、特別な料理である「御節供(おせちく)」を神に供えていました。

従来のおせち

当時のおせちは季節の野菜や、豆腐、こんにゃく、昆布などを使った料理が中心で、収穫の報告やお礼の意味を込めて神に供えました。「福が重なる」といわれる重箱(じゅうばこ)に詰めて保存する方法は、江戸時代に入ってからのことです。地域によっては、縁起がよいとされる5や7などの奇数で料理を詰め、向きや並べ方などのしきたりが残ります。

なお、三が日は「縁を切る」につながる包丁は使わないなどのいい伝えや、接待で忙しいなどの理由から、年末のうちにおせちの味を濃く作って保存を効かせ、正月は台所に立つ回数を減らしたといわれます。

現代のおせち

伝統的なおせちに加えて洋風や和洋折衷(わようせっちゅう)、中華風などのオードブルが増え、ワンプレートに盛りつけるおしゃれなアレンジも見かけます。さらに、近年の冷凍技術の向上により、老舗(しにせ)の旅館や料亭、有名なシェフなどが作るおせちを通販で楽しめるようになったため、予約して購入する家庭も増えています。

三段重絵馬
職人技が光る伝統の味を、充分に堪能できる人気No.1
和風三段重
早期ご予約割引価格   税込¥33,500通常価格 税込¥34,500

累計100万個以上の販売実績!SL Creations(旧:シュガーレディ)の厳選おせち



おためし おうちごはんセット!SL Creations



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です