年賀状・喪中はがきをネットでかんたん印刷!激安印刷通販なら【ラクスル】

年賀状の裏面の書き方豆知識

年賀状には「、」「。」などの、句読点はつけません。
年初めのご挨拶で「区切りをつけないために句読点は用いない」という意味になります。

賀詞は重複しないように
同じ意味の言葉が重複しないようにしましょう。賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に注意。新年は「年があけた」ことを表しているので、「あけまして」と重複した意味になります。

忌み言葉
不吉なことを連想させる言葉を「忌み言葉」と言い、慶事では一般的に使用しません。
やってしまいがちなのは「去年」という言葉。「去」には「別れる」「離れる」といった意味があります。「昨年」「旧年」などと表記するようにしましょう。

文字の修正
ペンや筆で文字を間違えて書いてしまったら、新しいはがきに書き直しましょう。修正液や二十線などで訂正したものは失礼にあたります。

日付の注意点


縦書きの場合は、「令和四年 元旦」といった漢数字を使います。
一月一日を過ぎて年賀状を出す場合や元旦に届かないことが明確な場合は、「元旦」とは書かず「一月」や「正月」など用います。

20,000点以上の無料画像素材がご利用可能。激安ネット印刷のラクスル



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です