ナチュラルオーガニックコスメ専門通販サイト【ネイチャーズウェイ】

ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト

「オーガニックコスメ」って何が良いの?

「オーガニック」とは
「オーガニック」は主に日本語で「有機」という意味。農薬や化学肥料に頼らず、遺伝子組み換えなども行わずに本来持つ土壌の力や自然の恵みを活かした農法、栽培方法、加工方法などのことを指します。日本の食品に関しては有機JASという認証機関がありますが、この認証マークを取得していないと「有機」や「オーガニック」といった名称を謳うことや、紛らわしい表現を用いて商品を紹介したり記載することは法律で禁止されています。

オーガニックコスメの基準
オーガニック原料を使用しているメイクやスキンケアなどの化粧品のみがオーガニックコスメと謳うことができます。しかし、その基準に統一性はなく曖昧なため、残念ながら現状日本では商品に1%でもオーガニック原料が配合されていればオーガニックコスメと謳えてしまいます。オーガニックという記載があっても、実際は石油由来の化学合成物質が大半を占めている「なんちゃってオーガニックコスメ」の可能性もあるのです。何がオーガニック原料なのか、また「天然由来100%」などの表示があるかをチェックすることも大切です。

ナチュラルコスメとの違い

「ナチュラルコスメ」は、天然由来の原料を使用し、化学合成物質を全く使用していないか、極力控えて作られたコスメのことを指します。このナチュラルコスメの天然由来原料に、オーガニック原料が含まれているとオーガニックコスメとなります。「ナチュラル」や「自然派」という表現も曖昧なのが現状で、「ナチュラルコスメ=天然由来100%」ではないので見極めが必要です。成分表や、ブランドのポリシーを必ず確認しましょう。

♦オーガニックコスメ
物が持つ力による複合的な効果効能を持ち、人の本来あるべき機能を損なわず、自己回復力やバリア機能を高めるような長期的なアプローチをしていく東洋医学的な考え方のもと作られている。

♦ケミカルコスメ
得たい効果効能を目指して化学合成物質を配合したもので、短期的に見た目やトラブルにアプローチする西洋医学的な考え方のもと作られている。

どちらも目的と手段が異なります。効果効能や機能面、即効性を重要視する場合はケミカルコスメの方が優秀なものが多いですが、化学合成物質に刺激を感じる方や、肌本来のバリア機能や治癒力を育てていきたい場合は、オーガニックコスメがおすすめです。ただし、植物その物のパワーが肌へダイレクトにアプローチするため、中には刺激を感じたり、アレルギーを引き起こす場合もあります。心配な場合は二の腕の内側など正常な皮膚の目立たない箇所でパッチテストを行いましょう。

お取り扱い

ナチュラグラッセ
チャントアチャーム
ヴェレダ
ドクターブロナー など

ナチュラグラッセは「植物の力で日々を健やかに彩る」というコンセプトのもと、なりたい肌印象を叶えるベースメイク(下地、ファンデーション、パウダー、メイクアップクリーム、BBクリーム)と、いきいきとした表情を輝かせるポイントメイク(アイシャドウ、アイブロウ、アイライナー、マスカラ、リップ)と多彩なメイクアイテムを取り揃えております。肌への負担が少ない、石けんオフできるアイテムが多く揃っているのも人気の秘訣。メイクでありながらスキンケアが叶う、100% 天然由来の原料にこだわったアイテムたち。ネイチャーズウェイがつくるナチュラルコスメ・オーガニックコスメを体験ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です